常に意識する

聴診器

妊娠初期にぜひ取りたい栄養素

妊娠中には赤ちゃんが健康に発育するためにも、妊婦は様々な栄養を満遍なく取る必要があります。それに加えて重要なのが葉酸です。 葉酸は妊娠初期には必要不可欠な栄養素の一つで、赤ちゃんが成長していくための細胞を形成したり伝達器官の発育などに重要な役割を持っています。もし葉酸が不足してしまうと、先天性の異常を抱えてしまう事もあり得るので、厚生労働省では一日400μg取るよう推奨しています。また、赤ちゃんの発育だけでなく母体の健康を守る役割をしてくれて、貧血を防いで血行を良くしたり、豊富なビタミンなどを含んでいます。血行が良くなって血液の量が増えると、しっかりと赤ちゃんに栄養を与えられるだけでなく、妊婦も栄養をしっかりと取ることができます。

食品から葉酸を取る場合について

妊娠中に必要な葉酸はサプリメントでも摂取できますが、できれば食事から取るのが理想的です。葉酸が豊富に含まれているのが海藻類で、焼きのりや味付けのりなどは含有量が高く、比較的摂取しやすい食品です。また、野菜にも含まれていて、モロヘイヤやほうれん草などに多く、小松菜やおくらなど、緑黄色野菜が中心となっています。野菜から摂取するなら、他の健康に良いビタミン類なども豊富に含まれているため、効率的に栄養を取ることができます。ただし、葉酸は加熱してしまうと栄養価が半減してしまうため、なるべくなら生で取れるものがおすすめです。にんにくやねぎなどにも豊富に含まれていますから、薬味などとして生で上手く活用していくのが良いでしょう。

注目の記事